Home > Blog > Category: Photo > 0を1にするタイプと1を10にするタイプ
Sat. 2007.07.14
03:21:20

0を1にするタイプと1を10にするタイプ

僕らのようにインターネットでいろんなサービスを展開している会社だけでなく、これはどんなタイプの会社でも言える事だと思うんですが、ゼロから新しいものを立ち上げる「0を1にするタイプの人」と、立ち上げたものを大きくしていく「1を10にしていくタイプの人」がいますよね。

僕ら的にいうと「サービス作るのが得意な人」と「メンテが得意な人」といってもいいのかもしれない。

今日は3連休前夜ですし、そのことについてをちょっと考えてみようと思います。


■0を1にするタイプの人で大事な事
・アイデアが大事
・ノリが大事
・勢いが大事
・とりあえずやってみちゃう感が大事
・とりあえずやってみました感が大事(※1)
・スピード感が大事
・あまり先の事考えないマインドが大事
・好感のもてる楽観主義と無責任さが大事(※2)
・恥ずかしがらない感じが大事
・バカと思われてもおもろいと思われたらOKって気持ちが大事
・音楽でいうとロックンロール
・おそらくボケタイプ


■1を10にするタイプの人で大事な事
・スタッフや関係者とのコミュニケーション能力が大事(※3)
・報連相が大事(※4)
・粘り強さが大事
・数字的な根拠が大事
・分析能力が大事
・トラブルを解決する能力が大事
・音楽でいうとボサノバ
・おそらくツッコミタイプ


もちろん、どっちがいいとか、どっちが面白いとか、どっちがかっこいいとか、そんな事は全くないわけで、「0を1にしていくタイプの人」ばかりだったら組織は成長しないし、たぶん大学の研究室みたいになると思う。
同じく「1を10にしていくタイプの人」ばかりだとそのうち飽きられてその組織は成長が止まると思う。

僕の経験から思うに(まだまだしょぼい経験ですが)、たぶん「多くて10%、少なくとも5%」の人くらいが「0を1にするタイプの人」だったら、その組織は良さそうな気がする。
そして、お互いを面白がって自然とリスペクトしあえる組織になるとすごくハッピーだ。

そんな、3連休前夜です。
とりあえずUAE戦、勝ててよかった。


※1. これは結構忘れがち、とりあえずアウトプット出さないと意味がない。
※2. 好感が持てないとすごく危険、キャラ作りと信頼関係。
※3. 結局これにつきるかもしれない。
※4. うってつけのサービスがあります


P.S.
ペパボで新しい求人が追加されました!
みなさんふるってご応募ください!、お待ちしております!!!

Same Day Posts.